きなこのきもち

心にもからだにも美味しいことに時間を費やせたらハッピー♪

Entries

ベガス土産

CIMG3609.jpg


息子Kのラスベガス土産いろいろ

キャリーバッグが小さかったので
あまり買えなかったと言ってたけど
友達にプレゼントするぶんの残りを
いくつか残していってくれました

Kの海外旅行はこれが2回目
海外旅行デビューの韓国土産は
記録するのを怠ってしまったため、覚えていない。。。( ̄д ̄;)
うーん。。。たしか韓国海苔だったような。。。
韓国土産は他の人からも貰ったから、人違いのような。。。w

今回はちゃーんと記録しておこう

ラスベガスって、砂漠にあるのね…
すごく寒かったらしい

今年の年末旅行は
暖かい(というか暑い?)オーストラリアにしたいそうな( ̄▽ ̄)
働いて稼いだお金を、自分のためだけに使える今のうちに
海外旅行を満喫するんだとか。。。
キツイ仕事も、旅行がモチベーションになって頑張れるみたいです

遅ればせながら。。。

今年もすでに半月過ぎてしまった。。。

遅ればせながら、我が家からの初日の出を掲載

今年のお正月は元旦からずっと良いお天気でした
でも、早朝はさすがに寒かった
お日様が出てくるまで待っている間に手がかぢかんだ。。。(笑)

山の上に雲がかかっていて、なかなか出て来ず

17年初日の出①

おぉ…もうすぐ出てくる?!

17年初日の出②

先っちょが出てきた!! この時点で息子をたたき起こすww

17年初日の出③

もうちょい

17年初日の出④

半分見えた

17年初日の出⑤

ズーム

17年初日の出⑥

あけましておめでとうございます

17年初日の出⑦
17年初日の出⑧
17年初日の出⑨


ベランダから下を見ると、海の手前で車を停めて
カメラ(スマホ?)を構えている人が何人かいました

今年は酉年なので、昨年レクで撮影したフクロウの写真も。。。

CIMG3567.jpg
CIMG3563.jpg
CIMG3569.jpg
※松江フォーゲルパークにて

今年のおせちは重箱に入っているものを注文(お値段は1万円弱)

17年おせち⑤
17年おせち①
17年おせち②
17年おせち③
17年おせち④

夫の仕事の関係で、昨年からおせちを買うようになったんだけど
二人分なら買うのもアリじゃな

ところが、いつもは元日は不在の息子たちが
今年はタイミングよく?戻ってきて
家族勢揃いでおせちを囲むことになり
一日でほぼ、完食…( ̄▽ ̄;)

でも、家族がそろって食卓を囲めるのは幸せなこと

我が家の記録として近況も書いておこう

息子K(26)
昨年転勤して、三つ目の赴任地へ
今までで一番ハードな勤務地で、毎晩残業でヘトヘトらしい
彼女の「か」の字も出てこないのは相変わらず
逃げ恥のひらまささんの風貌が息子にそっくりだったので
感情移入してドラマを見てしまったww
昨年末に同期の友人とラスベガスへ旅行に行き、独身を謳歌している様子

そうそう、2代目の車を購入(トヨタのラッシュ)
通勤には使わないけど、雪道でも大丈夫な車にしたんだよね
昨日から今シーズン初の大寒波が来てるから
やっとスノボーしに行けそうじゃな

息子T(24)
彼女がいることは、とある出来事でわかったんだけど
本人は一度も口にしたことがないので、どんな娘なのかは不明
果たして紹介してもらえる日は来るのだろうか…w
営業の仕事は大変だろうけど
いくら仕事のお付き合いでも、飲まされ過ぎないように気をつけて

夫(54)
とっとと退職したいけど、家のローンがあるのでしぶしぶ仕事に行く毎日
海を眺めながらお酒を飲むのが至福の時間
毎回人間ドックの肝機能検査でひっかかっているので
休みの日に朝っぱらから飲むのはどうよ?!と思うけど
唯一の楽しみを取り上げるのはかわいそうなので、大目に見てますw

私(53)
週一の自力整体教室は続けて行ってるけど
家でも毎日やれば、からだが変わるんだろうなぁ
でも、家でひとりではなかなかできないんだよね(^^;)

昨年春から任命?された図書選定の仕事は
毎月数冊の本を読みこんで、お薦め文と紹介文を書く…という
かなりハードな仕事
もともとの近眼に加えて老眼も進んでいるので
目がしょぼしょぼになり、肩や首が凝りまくるけど
未知の世界を知る喜びに、心躍らせてます

まだ記事にしてないけど
図書選定の縁で出会った一冊の本に魅せられ
今年は、その全集を読破したいと思っているんだけど
一冊が分厚く難解な物もあり、はやくも苦戦中

昨年、FacebookやmixiなどのSNSを止めたし
今のところガラケーをスマホに替える気もないので
人とのつながりは、ほぼアナログ

このブログも自分の記録がメイン
人との交流は、自分からは積極的にはしてません

それでも、ここをたまーに覗きに来てくれる方、ありがとう
読み逃げでコメントを残さないのは私も同じなので
どうぞ気になさらずに

こんな私ですが、今年もご縁のある方
どうぞよろしくお願いします~

きんぎょが にげた

 おなじみ五味さんのロングセラー。指さしができるようになったら読んであげたい絵本。

 ページをめくるたびに、逃げた金魚がどこかに隠れています。「どこににげた? 」と読むと、必死に探して「ココ!」と指さして大喜び。金魚はだんだん複雑な場所に隠れていき…最後は…。何度も楽しめて、少し大きくなると、ひとりでページをめくって遊べます。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

きんぎょがにげた [ 五味太郎 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2016/12/5時点)



暮らしの哲学

 「14歳からの哲学 考えるための教科書 」の著者が、急逝する直前1年間に書いた最晩年のエッセイ。

 なぜ14歳なのか? 読者からの質問に、言語と論理の獲得が「考える」ことの始まりであり、人として「生まれる」ことだから、と答える著者。亡くなる直前まで存在の謎の思索を続けた珠玉の言葉が、胸を打つ。「14歳からの哲学」と一緒に読んでほしい。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

暮らしの哲学 [ 池田晶子 ]
価格:1439円(税込、送料無料) (2016/12/5時点)




はるのゆきだるま

 春にあこがれた雪だるまと山の動物たちとのやさしい心のふれあいを描いた絵本。

 春が来たら、雪だるまは溶けてしまう。春を知らない雪だるまに春のおみやげを持ち帰る約束をした動物たちは、雪だるまにおみやげを渡せるでしょうか。四季を感じる感性は日本ならでは。もうすぐ春という季節に読んであげたい、切なくて心温まる絵本。小学一年生国語の教科書に掲載。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はるのゆきだるま [ 石鍋芙佐子 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/12/5時点)





ご案内

プロフィール

きなこ

Author:きなこ
広島県在住。卯年の魚座。0型。生まれはポルノグラフィティと同じ。窓から海が見える家で育ったので海が好き。2014年に故郷の近くに転居。

kinapyをフォローしましょう

アルバム

旬の花時計

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

過去ログ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索