2017/03 ≪  2017/04 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017/05
昨晩のSONGS
2010/02/04(Thu)


昨晩のNHK「SONGS」で聴いた曲を
もう一度聴きたいなぁとyoutubeで探したら
あった

岡林信康の歌で知っているのは
「友よ」
中学生の時、音楽の先生から教わって歌ったのが最初

その後、うたごえ合唱団で再び歌う機会があって
この歌を教えてくれた先生は
すばらしい先生だったなぁとわかった

この「友よ」は、今でも歌える

だけど、岡林さんがどんな人だったのかは
よく知らなかった
フォークの神様と言われていたのは
なんとなく知っていたけど

岡林信康と美空ひばり
仲が良かったんですね
何年も時を超えて
この歌が生まれた事がすばらしい

レクイエムの歌が生まれた経緯はこちら

もうひとつ…ふたつ





関連記事
この記事のURL | 音楽・演劇 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 何だか癒されます^^ -
3曲とも初めて聴いたかも。。。
ギターと声がすごぃ合ってて いぃですねぇ♪
渋い声です(#^.^#)
きなこさんの最近、音楽に触れる機会が多いですね。
 (↓の記事も読ませてもらいましたっ☆)
とっても心が安らぎますよね。

・・・っとゆぅ私は最近ARASHIのBESTアルバムばかり
聴いてます。
いぃ年した私が。。。って感じですよね(笑)
でも癒されてます^^
2010/02/06 14:30  | URL | maruakiii #pd5FDsV2[ 編集] ▲ top
- ちょっとイメージが変わった -
きなこさんの選曲があの岡林信康とは…ちょっと意外でした。岡林信康と言えば「友よ」「山谷ブルース」、「手紙」「チューリップのアップリケ」「くそくらえ節」「がいこつの歌」などどっちかっていうとプロテストソングのイメージが強かったのですが、ちょっとイメージが変わりました。

静かに聞いてみました。心にしみるいい曲ですね。

岡林信康、実は大学の先輩です。もちろんずっと上ですが、変り種の「同志社大学神学部」なんですよ。でもいろんなことがあり、実家の教会を脱出、そして社会主義に走った人です。
年を重ねると、丸くなるんですね。いい顔をしていると思いました。
2010/02/07 01:53  | URL | 安頓 #Cv2s2L.A[ 編集] ▲ top
- たしか -
ずいぶん前に「笑っていいとも」のテレフォンショッキングに出てた時
体を洗わないって聞いたような。(^^;)
石鹸で洗わないだけか本当に洗わないのかわからないけど。(^^;)

なんで「フォークの神様」と言われてるんだろう?
2010/02/07 10:07  | URL | ひろっち #0v.5fGU.[ 編集] ▲ top
- わたしもw -
>maruakiii さん

こっちにもありがと♪

maruakiii さん世代は、私世代以上に聴いたことないかもね
私がフォークを聴き始めたときには
すでに雲隠れ?されてたんじゃ…

でも、渋い声でいいよねぇ。。。(∇〃)。o〇○ポワァーン♪
大人の渋さが出てますよね♡

嵐!
私も最近、SMAPより嵐がいいなぁと(* ̄m ̄)
「いぃ年した私が。。。」って
maruakiii さんがいい年なら私はどうなるんじゃ~(笑)

歌に年齢は関係ないよね~♪
2010/02/07 11:15  | URL | きなこ #4KFPkfpQ[ 編集] ▲ top
- そうなんですか~ -
>安頓さん

意外でしたか?w
こう見えても?わたくし
若い頃は、いわゆる平和運動とか組合活動してたんですよ(* ̄m ̄)
社会主義も一通り?学びましたし♪
蟹工船を読んで、衝撃を受けたり…

でも、岡林信康のことはよく知らなかったんです

大学の先輩だったんですか~
じゃぁ、安頓さんにとって、とても身近な人なんですね
「同志社大学神学部」!!
なるほど~なんだかわかるような気がします
私のよく知ってるシンガーソングライターにちょっと似てるなぁと思って…

安頓さんは、外国語専攻だったのかなぁ…英語の先生だし♪
2010/02/07 11:21  | URL | きなこ #4KFPkfpQ[ 編集] ▲ top
- ひさしぶりw -
>ひろっち

ご無沙汰してますぅ~^^

「笑っていいとも」のテレフォンショッキングに出たことあるんだ?!
体を洗わないって?

(* ̄m ̄)。。。。
そんな感じがしたりしてwww
体を洗わない人といえば…もうひとり
作家の五木寛之がそうだよねw


> なんで「フォークの神様」と言われてるんだろう?

よくわからんかったので調べてみたw

日本のフォークを語る上で絶対に忘れられない人物。69年に"反戦フォークの旗手"として彗星の如く現れ、肉体労働者や部落問題などを扱ったトピカル・ソングで大いに注目を集める。そして伝説的なステージや蒸発事件などによって、その存在はいっそう神格化されていった。70年代には傾倒するボブ・ディランにならって、サウンドをロック化。デビュー前の"はっぴいえんど"がバックを務めたことは有名である。
その後は台頭してきたニュー・ミュージックにソッポを向き、カントリー・ロックと演歌を混ぜ合わせたような音楽性で独自の道を歩んだ。現在も、田舎に居を構えながら、地方に根差した活動を展開している。(リッスンジャパン)

カリスマフォークシンガーだったのかなぁ
でも本人は、それが嫌だったと、NHK「SONGS」で語っていたよ


2010/02/07 11:27  | URL | きなこ #4KFPkfpQ[ 編集] ▲ top
-  -
語りかけるような、美しい曲ですね。
心に沁みます。

私は80'S世代ですが、
最近は子供の影響大ですw
2010/02/07 18:10  | URL | takumi414 #vOFw3WtU[ 編集] ▲ top
- 弾き語り♪ -
>takumi414 さん

ほんとうに…語りかけるような、という言葉がぴったりです♪
弾き語り♪って、こうゆうのを言うんですね

子どもの影響大!←わかります^^
私は上の子が選曲するものに惹かれます
好みや感性が似てるのかも
2010/02/07 21:32  | URL | きなこ #4KFPkfpQ[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://oishiikinakomochi.blog57.fc2.com/tb.php/887-c134c3a0

| メイン |