アンネの形見の薔薇

アンネ銅像
(記念館の外にあるアンネのバラ園)

火曜日、生協の委員会主催行事
「エフピコとホロコースト記念館見学」に参加してきました

エフピコでの体験はまたの機会にゆずり
前日からの平和つながりで
ホロコースト記念館のことを書きます

何度かその前を通る機会はあっても
なかなか中に入ることがなかった場所。。。

一昨年に新しく建設された記念館は
オシャレで、それでいて温もりが感じられる空間でした
会館内部は写真撮影が禁止されていたので
関心がある方はHPをご覧下さい

ホロコースト記念館HPはこちら

「アンネの日記」はあまりにも有名で
それを書いたアンネ・フランクのことを知らない人は
あまりいないんじゃないか…と思います
でも、日本に住んでいても
8月6・9日が何の日か知らない若者がいると言うから
よその国の事だと、なおさら知らない人が多いかも…

ホロコーストというユダヤ人への大量虐殺については
どうなんだろう?
聞いた事はあるけど、何のことか知らない人が多い?

私も「聞いたことがある」程度の認識でした

施設の中を見学する時、ボランティアガイドさんが
ホロコーストの概要やアンネのことを説明してくれました
そして、アンネの父、オットー・フランクさんの言葉や
アンネの言葉を紹介してくれました

「平和は相互理解から生まれます。
 アンネたちの悲劇的な死に同情するだけではなく、
 平和を作り出すために、何かをする人になって下さい。」
(オットー・フランクより)

「なぜ人間は、おたがい仲良く、平和に暮らせないのだろう」
(アンネの日記より)


そして、ガイドさんが私たちに何度も語りかけました

「ここで当時の子どもたちに思いをはせ
なぜホロコーストが起こったのか
平和のためにわたしに何ができるのか
問いかけて見て下さい」

展示してある現物やレプリカも
無言でわたしたちに、そう問いかけているようで
胸が締め付けられました

アンネの薔薇

アンネのバラ園では
ちょうど「アンネの形見の薔薇」が見頃で
わたしたちを迎えてくれました

帰り際に、このアンネの薔薇の花びらを
一人一人に分けてプレゼントしてくれました

アンネバラ花びら
(ポプリにしようと思っています)

バラ園では、枯れた花びらはひとつも落ちていず
とても手入れが行き届いていました
それは、館内も同じでした

当日、館長の大塚さんには
お会いすることができませんでしたが
館内にあった刊行物を持って帰り
家に帰って読んでみると
そこに大塚さんの言葉が書いてありました

隠れたところを見ることができる人に

…ここで、ひとつでもいいですから、あなたの心にうつして帰って下さい
そして、あなたが来る前にお掃除をしていた人がいることを知って下さい
そこに美しいアンネのバラが咲いています
毎日手入れをしている人がいることを知って下さい
みんなが帰ったあと、ガラスを拭いている人がいることも知って下さい
隠れていることを見抜くことができたならば
あなたは大きく成長します
あなたが育つためにどれだけの人たちが
苦労してきたかということも知って下さい
もっとも大切なことは、見えないところなのです


当日は駆け足での見学だったので
また近いうちに足を運ぼうと思います
今度は電車に乗って…ひとりぶらりと…
何度も足を運びたくなるような空間でした

静かで美しく、ほっとできる空間が
自分の内面に何かを働きかけてくれる気がしました
私たちに必要なのは
見えないことを想像するということなのかも

買って帰った絵はがきと便せん
アンネ絵はがき
アンネ便せん

関連記事

テーマ : 世界恒久平和を実現しよう
ジャンル : 政治・経済

Comment

きっと

わたしたちが世界平和のために出来ることはとても小さな事でしょう。
でも、そのとても小さな事が大切なのかも知れません。
たとえ一時でも、そのことに思いを寄せられたら、それだけでも意義のあることだと思います。

そうですよね

このは紅葉さんw

誰かが投じた小さな石の波紋が
じわじわと輪(和)になって広がっていくように
きっと小さなことか始まっていくんですよねw

小さなことからコツコツとww

アンネは私の母より、ちょっと年上です。

 アウシュビッツは、義妹の国・ポーランドにあるので、いつか、行く事があるのなら寄ってみたいと思います。

 今は花が終わってしまったけど、ウチにもアンネのバラがあります。黄色い小さな花。きなこさんの画像のバラは、普通サイズですね。何種類かあるのかな?

>some舎
あぁそうか~義妹さんの故郷はポーランドだったのか~
でも絶滅収容所はアウシュビッツたけじゃなかったんですよね
今回初めて知りました

アンネのバラ
私も種類とかは知らないです
でもアンネのバラは最初は黄色で
だんだんオレンジ色になり
最後は朱色になるそうです
バラ園では移り変わっていくバラがすべて見られましたw
Secre

プロフィール

きなこ

Author:きなこ
広島県在住。卯年の魚座。0型。生まれはポルノグラフィティと同じ。窓から海が見える家で育ったので海が好き。2014年に故郷の近くに転居。

kinapyをフォローしましょう

アルバム

旬の花時計

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

過去ログ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

RSSフィード