コンテントヘッダー

無題2

あれはいつだったか

広島から帰る途中の高速SAで

聞き覚えのある声に振り返ってみると

やっぱりあなただった

立ち話で近況を語り合い

じゃあね!と別れたよね

それが最後になるなんて思いもせずに…


初めて会ったのは、教会の2階の和室だったっけ

「この指とまれ」で立ち上げたグループの設立当初から

笑顔と笑い声が絶えない人だった


風の便りで病気のことを知ったとき

何度か連絡を取ろうとしたけど

なかなか連絡がつかなくて、結局そのままに…


一回り小さくなった顔に対面したとき

後悔の念がどっと溢れた

なんでもっとずうずうしくなれなかったんだろうと…


だけど

元気な頃のあなたの笑顔しか思い出せないことが

あなたが一番望んでいることなのかもしれない


あなたの訃報を聞いたとき

ふっと浮かんだ、金木犀と小紫の花


あなたは風になり、花になり、葉っぱになり

空になり、月になり、星になり…

自然と一体になったんだね


金木犀アップ



関連記事
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

凄く

切ないなぁ。(T_T)

うん

>ひろっち
今は…
花を見ても、虫を見ても、雲を見ても、風を感じても、雨音を聞いても…
生きとし生けるものすべてが切なくて
そして…愛おしい( ̄-  ゚̄ )

金木犀

人はいつか、出会いと別れが必ずあるもの…とは分かっていても、こんな形で訃報を聞くとちょっと、後悔の念が残ってしまう。

そんなきなこさんの気持ちが伝わってきます。
金木犀の写真を見ながらこの文を読んでいると、なんだか悲しいけれども、自然に帰っていった友だち、きっと喜んでいてくれるんじゃないかな?
そんな気がしました。

そうですね

安頓さんw

喜んでくれているといいなぁw

友の分も
生きてる喜びを味わいたいです
プロフィール

きなこ

Author:きなこ
広島県在住。卯年の魚座。0型。生まれはポルノグラフィティと同じ。窓から海が見える家で育ったので海が好き。2014年に故郷の近くに転居。

kinapyをフォローしましょう
アルバム
旬の花時計
FC2カウンター
最近の記事+コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード