04
1
3
4
7
9
10
11
12
13
15
16
18
20
21
23
24
25
27
28
29
30
   

無題

金木犀

むせかえるような香りが一体に漂っていた

路地裏に何本もの大木の金木犀


小紫

足下には薄紫の小さな実が揺れていた

小紫って言うんだって

秋を見つけて思わず写メった2枚



この時は知らなかった

命のともしびが消えかかっていたなんて

ずっと音信不通にしててごめん


今朝、からだから自由になったあなたは

もう風になって好きな場所へ行ってるのかな

家族のことが心配で

まだそこに居るのかな


ひさしぶりに昔のメンバーが集まるよ

私も明日、会いに行くから





関連記事

キンモクセイ

キンモクセイ…というと。
独特のにおいを振りまくこの季節の花ですね。

それと「二人のアカボシ」という曲を歌っていたグループを思い出します。

それから、あの堀内孝雄の歌っていた「君の瞳は100万ボルト」の中のフレーズも。
「キンモクセイの咲く道を…♪」

本文、素敵な詩ですが、悲しい出来事をきれいな詩に書かれたきなこさんの、言葉の運びにちょっとウルウルしてきました。


No title

しばらく気の向くままに過ごしとき^^

コメントありがとう

>安頓&しー

亡くなる二日前に出逢った金木犀と小紫が
すぐに浮かんできて
忘れられない花になりました

コメントありがとうw

Secre

プロフィール

きなこ

Author:きなこ
広島県在住。卯年の魚座。0型。生まれはポルノグラフィティと同じ。窓から海が見える家で育ったので海が好き。2014年に故郷の近くに転居。

kinapyをフォローしましょう

アルバム

旬の花時計

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

RSSフィード