コンテントヘッダー

喪中はがき

毎年12月になると何枚か届く喪中はがき

友人・知人の親や祖父母が亡くなったため
…というのがほとんど

だけど…今回届いた中には
本人が亡くなったことを告げるものが入っていた

私が小学校4年生の時の担任のT先生

享年75歳…

もう、そう遠くない将来にその時はくるだろうって
うすうす感じていたのに

だから、毎年年賀状が届くたびに
会いたいなぁ…って思っていたのに

実行に移す前に、先生はいなくなってしまった

あれは私が22歳のとき
広島で仕事をしていた頃に一度
偶然、T先生とお会いするチャンスがあった

「あの学年で今でも年賀状をくれるのは君だけだよ」

と…うれしそうに話してくれたっけ。。。

T先生は、それまで自分に自信がなくて
学校の中で縮こまっていた私に
そのままの君でいいんだよと
言葉ではなく態度でメッセージを与え続けてくれたひと

生まれてはじめて信頼できる大人に巡り逢えて
ずっと心の中で私を支え続けてくれたひと

あれから22年間会っていないけど
先生からの年賀状が届くたびに
今も見守ってくれている気がした

会えないけど先生が生きてるってことだけで
ただそれだけで安心感があったんだなって
いなくなってはじめて気がついた

先生が生きてる間にもう一度会いたかった

会いに行くことを実行しなかった後悔と
失った悲しみが
あとからあとからあふれてくるのでした

関連記事

テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

私も・・・・。

同じような経験あるよ。
でもさ、良く後悔しないように生きるとかいうけど
私って後悔だらけなんだよね(笑)
それでも少しは成長してるのかな?
と思いたいけど
心の中で思い続けるのも大事な事だと思うよ♪

じんとくる話です

こんな先生と出会えるなんて人生の宝でしたね。
「そのままの君でいいんだよ」…
この言葉でどれだけきなこさんの心に安らぎが得られたか、本人でなくても、伝わってきます。

人生には出会いと別れが…
今日は、近所の方に不幸があって隣保班長の私は、帳場のお手伝いをしてきました。
そこで、他人とはいえ、いろいろと感じるところがありました。
人生の終わりの言葉は何にしようか…

見つかりました。

My life was not bad !
Thank you for everything!
See you later !

最後の言葉はどうかと思うけど、これに決めました。

いまからでも

私も学生時代同じ下宿だった子のお父さんが
亡くなったって届いた。
12月入ってすぐだったから すぐにお悔やみの葉書を出したよ。
あと49日法要が終わった頃を見計らって お供物を送らせてもらった人もある。

住所がわかってるなら今からでも動いてみたらどう?
相手に負担にならない程度で 心を使える方法はあると思うけど^^

ありがとうm(_ _)m

みなさんコメントありがとう(*゜▽゜)ノ 

思った以上にこの事実は私には衝撃で
頭ではわかってるんですが
まだ心がついていってない
T先生は、私にとってとても大きな存在だったんかな

まだ悲しみの隣に座っていたい
十分に味わえたら行動に移すつもりです

私自身の人生最大の悲しみは母との別れでした。
逝く前日まで元気だったので全く受け入れられずに
いつまでも悲しみの殻の中から抜け出せずにいました。
その後、母が導いたかのように葬祭ディレクターへの就職の話が来て目指していました。
悲しみの殻から抜け出す為に。
社内試験にも合格して4度程葬儀を担当したのですが…
感情移入してしまいどうしても続ける事が出来ませんでした。
今は高齢者と障害者の方達のリハビリに通うお手伝いの仕事をしています。
手をつないだり、肩を貸して介助をしながら、母に出来なかった事を…母にしているつもりで…
後悔を仕事に托してます。
今は…やっと殻から抜け出せました。
心が安らぐお仕事です   (^^)

 今年亡くなられた方々に。
きなこさんの先生に。私の方では、お幼馴染みのお父さんに。息子の友達のお父さんに(まだ39歳だった)。叔母に…。

 産まれる命。亡くなっていく命。
ここ10年、年末はそんな事を考えるようになりました。…年を取ったってコトかな(^_^;。

上手く言えないけど
今は静かに手を合わせて
ご冥福祈ってあげれば
きっと天国の先生にもきなちゃんの気持ちは
きっと届いてるよ。
そして気持ちが落ち着いたら
墓前に顔を見せに行ってあげたら
きっと天国の先生も喜んでくれると思うから。


ありがとうm(_ _)m②

みなさん、カキコしてくれてありがとう(*゜▽゜)ノ 

大切な人の死を受け止めて癒されるには時間が必要だよね
私の最大の悲しみは…初めての子どもを亡くした時かな…
それまでそばにいた家族を亡くすのが
一番つらいことかもしれないね

先生は家族ではなかったけど
心の深い部分でつながっていた人のような気がします

逝く命と来る命と
今生かされてること
ここに来てくれるみなさんとの出逢いに感謝してw
プロフィール

きなこ

Author:きなこ
広島県在住。卯年の魚座。0型。生まれはポルノグラフィティと同じ。窓から海が見える家で育ったので海が好き。2014年に故郷の近くに転居。

kinapyをフォローしましょう
アルバム
旬の花時計
FC2カウンター
最近の記事+コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード