コンテントヘッダー

私の好きな絵本vol.3

桜の花も散り始めて、春らしくなりました

今日紹介する絵本は
「おひさまのたまご」エルサ・ベスコフ著。

おひさまのたまご おひさまのたまご
エルサ ベスコフ (2001/03)
徳間書店

この商品の詳細を見る


学期ごとに学校から依頼されて
絵本の読み聴かせボランティアに行っているんだけど
3月に選んで読んだのがこの本。

ベスコフの本は、シュタイナー教育でもお勧めされています。
子どもは7歳までは夢の中で育てるというのが、シュタイナーの考え方。
まだあちらの世界の記憶があるから
その感覚を壊さないようにするという感じかな。
(これはあくまで私の印象です)

ベスコフの本には、よく妖精が出てくるんだけど
この本でも、季節を告げる役をしている妖精が出てきます。
ある日、妖精が見つけた、おひさまのたまご
このたまごを巡って、森はおおさわぎ。
実は、たまごではなくてオレンジの実
おひさまをいっぱい浴びて育つから
オレンジはおひさまの子どもですよね。

万物を生み出し、育むおひさま。
オレンジも私たち人間も、みな、おひさまの子ども。
私たちのからだは、宇宙の星が生まれた素である鉱物を源にしているし、
宇宙の法則の中で生かされているという感覚を
失いたくないですね。

おひさまの暖かさを感じる季節にお勧めの一冊です
関連記事

テーマ : 児童文学・童話・絵本
ジャンル : 小説・文学

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きなこ

Author:きなこ
広島県在住。卯年の魚座。0型。生まれはポルノグラフィティと同じ。窓から海が見える家で育ったので海が好き。2014年に故郷の近くに転居。

kinapyをフォローしましょう
アルバム
旬の花時計
FC2カウンター
最近の記事+コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード