コンテントヘッダー

2016近畿四国ぐるり旅(その5)

道後温泉の宿へ行く前に、寄り道したのは
別子銅山跡のマイントピア別子

今流行の?!産業遺産ですw
鉱山鉄道に乗ったり、採鉱体験をする時間はなかったので
索道停車場跡のある東平へ行くことにしました

これがまぁ、狭くて離合が困難な山道でして…
ガイドマップを見ると…
定期観光のマイクロバスを利用する方が安全そうでしたが
夫は山道の運転には慣れているので
躊躇なく、自力でGO

すると途中、ガイドのバスを誘導する車が下って来て
「今からバスと乗用車が数台来るから、ここで待機して」
とアドバイスを受けました

ところどころ、離合できる場所を明記する看板が立っていて
ゆく道の狭さが想像できたのでした

無事に到着~

索道停車場跡全貌

別子銅山1リサイズ
別子銅山2リサイズ
別子銅山3リサイズ
別子銅山4リサイズ
別子銅山5リサイズ
別子銅山6リサイズ
別子銅山7リサイズ
別子銅山8リサイズ
別子銅山9リサイズ
別子銅山10リサイズ

東洋のマチュピチュという触れ込みだったけど
ちょっと期待はずれかなぁ

観光バスを利用していた集団のお客がいたので
帰りは、そのバスが出発するときに我らも後ろをついて降りよう!
ということに…w
そうすれば離合は必ず、対向車が待機しているだろうと…

楽チンして山道を下ったあとは、三日目の宿、道後温泉へ
(メルパルク松山泊)

夕方、宿で早めの食事をしたあと
道後温泉本館まで散歩に行きました
宿の浴衣を着て、草履をはいて、お湯かごを借りて

ハイカラ通りを通って、本館について気が付いた…
カメラを持ってきていない。。。

なので、ここは写真をお借りして…
夜の道後温泉本館は、風情がありましたねー

dougo_honkan024.jpg

すでに宿の温泉にも入っていたので
ここでは、神の湯にのみ入りました(つまり一番安いコース)

img_guide02.jpg

何とも古めかしく味わいのあるお風呂
老若男女、観光客から地元の人までいて賑やか
ただまぁ…のんびりつかる…って感じにはならないけど

お宿では夕方と寝る前と、早朝にもつかって
十分に堪能いたしました

さて最終日の4日目は、松山城へ…

つづく

関連記事
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うちの旦那さんは30代の頃ですが、新居浜市に単身赴任しておりました。
住友系の企業勤務なのです。
マイントピア別子には行ったことがありますが、東平が有名(?)になたのはここ数年なんです。マチュピチュ・インカ帝国とか言って売り出し中ですけど(笑)

我が家は道後温泉本館には行きません。なんとなく観光客の方用って感じなので。商店街の中から行く椿の湯も有名ですよ。道後温泉の外湯です。本館横の玉の石には毎回参拝します。有名なパワースポットなのです。

テレビ放映の影響かな?

>りささん

マイントピア別子の東平ゾーンは、最近テレビで宣伝?されてました
何を隠そうw私もそれで立ち寄ったわけなので
まんまと(?)ひっかかった(笑)

道後温泉本館は、一度は経験しなくてはと思って行きましたが
次はもう行きません…たぶん^^;
本館横の玉の石?
しまった、今回は素通りしてしまった~( ̄▽ ̄;)
次回は必ず!


プロフィール

きなこ

Author:きなこ
広島県在住。卯年の魚座。0型。生まれはポルノグラフィティと同じ。窓から海が見える家で育ったので海が好き。2014年に故郷の近くに転居。

kinapyをフォローしましょう
アルバム
旬の花時計
FC2カウンター
最近の記事+コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード