コンテントヘッダー

草枕

「草枕」 byさだまさし

草枕歌詞はこちら


部屋のかたづけをしていて見つけた一通の手紙

20年以上前の
友達からの返事の手紙

手紙に添えられていたのは、さだまさしの詩

あの頃、どんな気持ちで読んだのか…

あの頃も今も、まだ旅の途中


関連記事
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

さだまさし

さだまさしの歌

さだまさし、私も好きな歌がたくさんあります。
この歌も詩を読むだけでも、なかなか含蓄がありますね。
自分の歩んできた道と比べてしまう。

きなこさんの最後のひと言「あの頃も今も、まだ旅の途中」この一行に心惹かれました。

Re: さだまさし

安頓さんw

20年以上前と今とでは
同じ詩を読んでも感じ方が違いますね

よろこびの中に かなしみがあるように
かなしみの中から よろこびが生まれる

というところが好きです

人生の道に迷った時
ふと、月や雲、鳥や風、虫の音にまで敏感になり
自然と向き合うことは自分に向き合うことだなぁと
つくづく思います
プロフィール

きなこ

Author:きなこ
広島県在住。卯年の魚座。0型。生まれはポルノグラフィティと同じ。窓から海が見える家で育ったので海が好き。2014年に故郷の近くに転居。

kinapyをフォローしましょう
アルバム
旬の花時計
FC2カウンター
最近の記事+コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード