草枕
2009/09/18(Fri)
「草枕」 byさだまさし

草枕歌詞はこちら


部屋のかたづけをしていて見つけた一通の手紙

20年以上前の
友達からの返事の手紙

手紙に添えられていたのは、さだまさしの詩

あの頃、どんな気持ちで読んだのか…

あの頃も今も、まだ旅の途中


関連記事
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<出逢い | メイン | 無題>>
コメント
- さだまさし -
さだまさしの歌

さだまさし、私も好きな歌がたくさんあります。
この歌も詩を読むだけでも、なかなか含蓄がありますね。
自分の歩んできた道と比べてしまう。

きなこさんの最後のひと言「あの頃も今も、まだ旅の途中」この一行に心惹かれました。
2016/10/19 12:35  | URL | 安頓 #4KFPkfpQ[ 編集]
- Re: さだまさし -
安頓さんw

20年以上前と今とでは
同じ詩を読んでも感じ方が違いますね

よろこびの中に かなしみがあるように
かなしみの中から よろこびが生まれる

というところが好きです

人生の道に迷った時
ふと、月や雲、鳥や風、虫の音にまで敏感になり
自然と向き合うことは自分に向き合うことだなぁと
つくづく思います
2016/10/19 12:39  | URL | きなこ #4KFPkfpQ[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://oishiikinakomochi.blog57.fc2.com/tb.php/1273-bfcb6a16

| メイン |