コンテントヘッダー

残しておきたい言葉③~杉山平一詩集から~

久々に「残しておきたい言葉」に出会ったので、覚え書き

御年97歳の詩人、杉山平一さんの詩


希望―杉山平一詩集希望―杉山平一詩集
(2011/10)
杉山 平一

商品詳細を見る


「希望」         

夕ぐれはしずかに
おそってくるのに
不幸や悲しみの
事件は

列車や電車の
トンネルのように
とつぜん不意に
自分たちを
闇のなかに放り込んでしまうが
我慢していればよいのだ
一点
小さな銀貨のような光が
みるみるぐんぐん
拡がって迎えにくる筈だ

負けるな


「反射」

毛布はあたゝかい
そんなことはない
あたゝかいのは
あなたです

ダイヤモンドは
光るのではない
光を反射するだけだ

あたゝかいのは
あなたのいのち
あなたのこゝろ

冷たい石も
冷たい人も
あなたが
あたゝかくするのだ


「いま」

もうおそい ということは
人生にはないのだ

おくれて
行列のうしろに立ったのに
ふと 気がつくと
うしろにもう行列が続いている

終わりはいつも はじまりである
人生にあるのは
いつも 今である
今だ


関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

いいね。

>キャサリン☆

じゃろ。

うん いい。

>キャサリン☆

この短いレスも いい。

さて。

最後の「いま」を読んで思ったこと。
(詩の趣旨からはズレまくりかもしれないがw)

待ってでも乗りたいとか食べたいとかって間々あるのだけど。
「よし!」と覚悟を決めて並び始め ふと後ろを振り返ると行列が途切れることなく続いている。
そのとき感じるのは安心感。
同じ目的に向かってる連帯感みたいなものを感じてなんとなくうれしくもあるw

なるほど

>キャサリン☆

そう言われてみればそうじゃな~

家族で行動するときは、一番待てそうな顔してるくせに待てないヤツがひとりおるので
(そら豆のことじゃw)
あまし体験しとらんなぁ

「待ってでも乗りたいとか食べたいとか」を
待ってる時間も含めて楽しめる人となら、その時間を共有できるけど
そうでなければ、楽しくないからな~
嫌そうな顔をしてたら、一緒にいたくないので並ぶのをやめる

あ…でもサッカーの試合を観に行くときは
かなりの時間を待って、列に並んどるな
待つ時間も含めて、同じチームを応援する連帯感みたいなんを感じるわw

プロフィール

きなこ

Author:きなこ
広島県在住。卯年の魚座。0型。生まれはポルノグラフィティと同じ。窓から海が見える家で育ったので海が好き。2014年に故郷の近くに転居。

kinapyをフォローしましょう
アルバム
旬の花時計
FC2カウンター
最近の記事+コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード