コンテントヘッダー

ご褒美の北海道旅行(函館編)

小樽駅縮小

北海道道南旅行二日目
ホテルの朝食を7時には食べ終えて、チェックアウトを済ませ
そそくさと小樽駅へ
小樽駅の時計がさしてる時間は7時半

当初は、小樽から函館本線普通列車「長万部行き」に乗り
そこから特急に乗り換えて行くつもりでしたが
長万部名物の駅弁「かにめし」を食べたいと思い
いったん札幌に戻って、札幌から特急スーパー北斗に乗ることにしました

それに、北斗の指定券は前日にとっていたけど
最終日に乗る、トワイライトエクスプレスの切符は
札幌駅でないと引き換えてもらえないので、札幌駅に寄る必要があったんです

旅行会社のお姉さんに
旅行のハイシーズンなので、混むかもしれない
乗り継ぎが30分ではちょっと心許ない、とアドバイスを受け
小樽を出発する時間を早くしました

フリーパス券で7時46分発函館本線「岩見沢行き」に乗り、札幌へ~
朝早かったので、席は十分空いていました
女子高生の制服のスカートが短いこと短いことww

幸い、札幌駅のツアーカウンターは混んでいなかったので
トワイライトチケットの引換はスムーズに終わり
余裕を持って北斗が来るホームへ

北斗指定券縮小
スーパー北斗縮小
スーパー北斗アップ縮小
北斗函館行き縮小

座席は1号車で、すぐ前が機関室
進行方向がよく見えたのは良かったんですが…

北斗の座席って狭いのね…
函館まで3時間半の間、ちょっと窮屈でした

でも、この北斗に乗ると長万部のかにめしを予約できるんです
長万部に着く前に乗務員さんに注文しておくと
長万部駅に停車したときに仕入れる出来たてホカホカの駅弁を
座席まで持ってきてもらえるのだ

長万部名物「かにめし」1050円 美味しかった~( ̄¬ ̄*)

長万部かにめし縮小
長万部かにめし2縮小


以下、北斗の車窓から~この日は良いお天気だったなぁ

北斗の車窓から縮小
北斗の車窓から2縮小
北斗の車窓から3縮小

大沼公園の手前あたりで見えた駒ヶ岳
このふたコブらくだのような?山は、何度も見る機会がありました

北斗の車窓から駒ヶ岳縮小

オーセントホテル小樽で頂いた小樽のお水w

北斗の車窓小樽の水縮小


そして、3時間半かけてやっと函館駅へ…

次回につづく

関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

カニ飯、おいしそうo(≧▽≦)o
それにこの眺め。
綺麗な景色をもおかずに、食事できるなんて最高ですね!
いいなぁ。
いつかこういう事したいけど、動物要るから無理っぽいw
きなこさんの日記で旅行した気持ちになってますv-10



ちなみに、私の学生時代のスカート丈、もうちょっと長かったらスケバンに間違われるんじゃない?ってくらいだったw
校則でスカート丈は膝下5㎝?だったいかな??って決まってたんだけど、何故かそれ以上に長くて(*>艸<)

ぅぅ。。。。むぅぅ。。。

カニに見えないのはPCのせいだろうか。。。
スルメが敷きつめられとるように見えるのじゃが。。。

ほんと 北海道 でかいよなぁ~~~~~!

動物同伴で

>もののけ姫さん

最近、 動物同伴可のホテルも増えてきたみたいだけど
カラスはどうなんじゃろ?(^_^;)
同伴可といっても、やっぱ犬や猫のことなのかなぁ
動物たちも連れて行こうと思ったら、キャンピングカーを借りていかないと!w

ほんと、列車の旅は、綺麗な景色をのんびり眺められるのが醍醐味なのかな!

スケバン姫…ww
なんか、似合ってる気がする~w♪♪

他とは違うらしい

>キャサリン☆

前日に食った駅弁もカニじゃったけどな
酢飯に身をそのまま載せてただけ…

このかにめしは、「カニ身をほぐし、筍と一緒に攪拌釜に入れ、火で炙って水分がなくなるまでじっくり炒って」あるそうじゃ

まるで桜でんぶのように、味付けしたふわっふわっの身が旨いのじゃ


> ほんと 北海道 でかいよなぁ~~~~~!

新幹線が通っていたらなぁ…と思ったw
3時間半っていうたら…ウチからさくらv-235で鹿児島に行ける
プロフィール

きなこ

Author:きなこ
広島県在住。卯年の魚座。0型。生まれはポルノグラフィティと同じ。窓から海が見える家で育ったので海が好き。2014年に故郷の近くに転居。

kinapyをフォローしましょう
アルバム
旬の花時計
FC2カウンター
最近の記事+コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード