スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
白雪姫
2016/08/31(Wed)
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
この記事のURL | 図書選定推薦リスト | ▲ top
その「1錠」が脳をダメにする
2016/08/29(Mon)
 薬は病気を治さない。薬の依存を克服した薬剤師が、身近な薬の効果と作用、リスクを具体的に教えます。

 風邪を引いたら薬を飲みますか?ウイルスが原因の風邪に抗生物質は効きません。未だに濫用しているのは日本だけです。添加物や農薬など食に気をつけるのと同じように、薬の害を知り、薬に頼らない生活を。
 漢方・市販薬・病院の薬・サプリ・シャンプーなど33の危険を収録。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

その「1錠」が脳をダメにする [ 宇多川久美子 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2016/8/27時点)



この記事のURL | 図書選定推薦リスト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
子どもが孤独(ひとり)でいる時間(とき)
2016/08/27(Sat)
  人間には孤独でいるときにしか起こらない、内的成長がある。子ども時代にこそ必要な「孤独」の意味。
 
 東京こども図書館名誉理事長の松岡享子さんが、図書館の仲間にこの本について話すうちに翻訳する必要性を感じて出版。「自分自身」の発見…アイディンティティの感覚は、ひとりでいる時に訪れます。時間に追われる現代の子どもにこそ、孤独がもたらす自由な時間と空間が必要だと説く。




この記事のURL | 図書選定推薦リスト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今年は豊作?!
2016/08/17(Wed)
我が家のシンボルツリーのイチジクの木

2年目の夏は豊作になった
鉢植えなので、多くは望めないけど
それでも、今年は18個の実をつけてくれた

一番初めに実をつけた(と思われるw)のが熟したので収穫

CIMG3292.jpg

こんなに大きい実がなった

CIMG3293.jpg

どれくらいの大きさか測ってみた
縦8.5cm 横6,5cm

CIMG3298.jpg
CIMG3299.jpg

去年は実は付けたものの、熟す前に夏が過ぎ
実を食べられたのは、1個か2個でした

今年は秋果の芽も出始めている

毎朝、水やりをするのが楽しみな日々

小さな幸せ

この記事のURL | セカンドライフ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
虹のひろば2016
2016/08/10(Wed)
今日も35度超えになりそうな猛暑
先週金曜の広島も、同じくらい暑かった

先月に良性突発性頭位めまい症が再発して
出かけるのをセーブしていたけど
今年も行ってきました@ピースアクションヒロシマ
旧友に会えるのをモチベーションにして…

昼前に会場近くの路面電車から降り立ったとき
息苦しいくらいの暑さで、ちょっとクラクラした

でも、今年も参加できて良かった

今年は、例年以上に
中高生ら若者たちの活動を知ることができて
とても頼もしく感じました

特に、県立福山工業高校電子機械科の生徒たちの
CGを用いた作品

原爆投下戦後の広島を復元した映像は
何度か直接お話を伺ったことのある坪井直さんも出演されていて
被爆者の方の被爆証言が
まるで目の前で起こったかのように感じられ
胸に迫るものがありました

広島市立基町高校普通科創造表現コースの生徒たちの
被爆者の体験を聞き取り描いた、「原爆の絵」も
一枚の絵が、静かに語りかけてくるような迫力でした

それぞれの絵の説明をしたプリントを
もらって帰りました
(写真はごく一部)

CIMG3302.jpg

それから

朝日新聞社の2016年版「知る原爆」「知る沖縄戦」を
今年は個人的に注文して、当日何部か持って行って
友人にプレゼントしました

去年までは、平和のつどい等を開催したときに参加者に配れるよう
手配してもらっていたけど
私は去年で役を降り、個人で組織を動かす力はないので
個人的に自分にできることをしていこうと…

CIMG3301.jpg

毎年同じ紙面もあるけど、少しずつ違う面もあり
子どもにも理解できるように工夫がしてあります

原爆資料館に展示中のオバマ大統領の折り鶴を見に行きたかったけど
人混みが苦手なうえに、暑いし、体調もまだ本調子じゃないしで
電車の乗り合わせが良い時間を選んで、早めに帰りました

なので、友人の合唱も聞かずに帰り、ちょっと残念でした
でも、また来年があるからね
ほんとは、一緒に舞台に立って歌えたら一番良いんだけど
毎回レッスンに広島へ通わんといけんと思うと
二の足を踏んじゃうんだよね( ̄д ̄;)

若いときの私なら、とっとと行動に移してるだろうなぁ
いや、もっと年配の方も頑張ってらっしゃるので
私なんかまだ若輩者だけど
50を過ぎた頃から、体力的なことを考えて行動するようになってしまった
ちょっと無理すると、持病が再発したりするし
まぁ、ぼちぼち、マイペースで活動するしかないかな

この記事のURL | ピースアクション | CM(0) | TB(0) | ▲ top
残しておきたい言葉⑦「聖書を語る」から
2016/08/03(Wed)
世界で一番古い書物、聖書
いつかじっくり読んでみたいと思っていた

でも、独特の言葉や、表現が難解な箇所があるので
ただ読んだだけでは、意味がわからなかったりして
本格的に読めないでいた

聖書はキリスト教の経典(正典)だけど
調べてみると、宗派もいろいろで
カトリックとプロテスタントだけじゃなく
いわゆる新興宗教みたいなのもあるし
聖書の解釈もいろいろ

でも、世界の大ベストセラーであり
これほど世界中で読まれている書物はないので
興味があるところから、ぼちぼち読んでいる

最近読んだ、聖書関連の本の中に
なるほど~と共感した言葉があったので
残しておきたい言葉シリーズに記録しとこう

「聖書を語る」から中村うさぎさんのあとがきの一節

以下引用

 「人間は『個』であると同時に『全体』である。『個』を失っては生きていけないし、『個』であり続けるだけでも生きてはいけない。だが、他者と繋がって集合体になろうとすると、必ず『個』と『個』のぶつかり合いが生じて、そこに苦しみや絶望が生まれるしくみになっている。それでもやはり、心のどこかで『繋がり』を希求する想いは断ち難く、傷だらけになりながらも他者を求め、拒絶されては煩悶する。
 この『他者と繋がりたいと願いながらも、互いの拒絶してしまうパラドックス』こそが人間の根源的な苦しみではないかと私は考え、旧約聖書にしるされた『原罪』、すなわちアダムとイヴが食べた『知恵の木の実』とは『他者の発見=自意識の獲得』ではないか、という仮説に到るのである」

聖書を語る [ 佐藤優 ]
価格:626円(税込、送料無料)




先日、友人Nにあったとき、神様を信じるってどういうことなんだろうね
…という話になった
彼女も私も特定の宗教を信じてはいないけど
宗教がどのように始まり、人間にとって宗教とは何か
ということについては興味は尽きないので
会うとよく話題になる

この日、冒頭の話題になった時、Nが言った言葉
「神を信じるってさぁ、ようできるよね。自分を信じるのも難しいのに…」

おぉー言い得て妙

また会えた時、この話の続きをしよう


この記事のURL | 言葉の贈り物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。