2016/04 ≪  2016/05 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2016/06
The 28th
2016/05/29(Sun)
結婚28周年

今年は休日だったので、どっか食べに行ってもええな、とか
話題にはなっていたのですが
結局、何事もせずに終わるという、私たちらしい記念日だった

でもこの、何事もなく過ごせたことが
何よりもありがたいこと

何もお祝いはしなかったけど
古い車を買い替え、納車したのが昨日だったので
我が家に新しく来た車が(中古ですが)、ちょうど記念になったかも(笑)

夫は今まで、ずっとトヨタ車を愛用していたんですが
このたび、はじめてマツダになった

子どもが生まれたときにレビンからカローラへ
子どもがふたりになったときにタウンエース、のちにノアへ
5年前の交通事故で廃車にしたのち、カローラフィールダーになり

今回はコンパクトカーがええよなと、ネットで探して目星をつけ
見に行ったらまだあったので、ちょっと試乗して即決

マツダのデミオに決定

最近の車のハイテクさに、びっくりぽん(すでに古い?w)
まぁ私は運転しないので、カンケーないけどねw

そうそう、先日、前の車で支払ったばかりの自動車税
廃車になるときは、税金が戻ってくるらしい
前回の買い替えの時も廃車にしたけど、時期が3月だったから関係なかったのね

でも、返却までに2,3か月かかるらしい
取る時は二重取りするくせに、戻るときは忘れた頃になるってわけね( ̄д ̄)

さて、我が家のシンボルツリー
この春、一回り大きい鉢に植え替えて、こんなに葉っぱが茂ってきました
果たして今年も、美味しい実をつけてくれるでしょうか

CIMG3265.jpg

その隣には、ハーブ3兄弟w
バジル・シソ・パセリ

CIMG3266.jpg

おまけの写真
トイレの飾りをリニューアル
去年旅行した鳥取砂丘で購入のモアイ像が仲間入り
右側の花瓶の花を少し変えました

CIMG3259.jpg
CIMG3255.jpg


この可愛らしい花瓶をプレゼントしてくれたYちゃん
今年も虹のひろばで再会できますように

この記事のURL | 行事・記念日 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
14ひきのおつきみ
2016/05/28(Sat)
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
この記事のURL | 図書選定推薦リスト | ▲ top
「平穏死」10の条件
2016/05/25(Wed)
 家族を看取るとき、できることなら本人の希望をかなえたいと思いませんか?
 終末期をどうしたいか日頃から話し合っておくことが重要です。


 平穏死=自然に任せる穏やかな最期のこと。
 ほんの一昔前なら当たり前だった自宅での平穏死が、困難になった現代医療の現実。自分や家族が満足いく終末期を過ごすために必要なこととは…。
 在宅医の選び方も含め、町医者の著者自身の体験をもとに書かれた、自分の最期を自分で決めるための必読書。




この記事のURL | 図書選定推薦リスト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
残しておきたい言葉⑥「あいまいさを大事に」
2016/05/10(Tue)
朝日新聞「明日も喋ろうー言葉、届いてますか」の記事
ホスピス「野の花診療所」の内科医徳永進さんの
「あいまいさを大事に」
という言葉が胸に刺さった

私は物事をあいまいにするのが苦手だ
何事も竹を割ったようにスパッと白黒つけてすっきりしたくなる

そんなだから、人間関係もあいまいにしておけなくて
悩んでいたら
友人に「ぶきっちょ(不器用)」と、よく言われた( ̄▽ ̄;)

正しいか、正しくないか
良いか、悪いか
好きか、嫌いか

世の中そんなふうに、分けられないことのほうが多いのにね( ̄ー ̄;)

がん告知も、本人にはっきり告知する方が良いと思っていたけど
「あいまい」なのもいいかも?
ようは、人それぞれで正解なんてないのかな

徳永さんは、がん告知について、こう言っている
以下、新聞より引用

 研修医時代、「しない」のが正しいと教わったが、その後、欧米流の「する」が当然になった。だが、患者の疑心暗鬼を招いたり、生きる気力を奪ったり。どちらも失敗した。
 悩んでいたころ、山陰海岸の民宿のある女将が、腸閉塞を起こして運ばれてきた。進行性胃がんを、関西の病院で手術したばかり。医師は告知していないのに、既にがんを知っていた。聞けば、前の手術後、病院の談話室で夫とこんな短い会話をしたという。

 妻「いけなんだか?」

 夫「たんぽぽのお茶、飲んどったのになあ」

 妻「ほんとかあ」

 医師が「告げる」のでも、家族が「伝える」のでもなく、何となく「伝わる」。「日本人の、はっきりさせない部分も何か味があるなあ」と気づいた。
 今は、知らないふり、漠然とした態度で看取りたいと望む家族に、「やりましょう」と応じている。
 絶対を疑い、あいまいさを大事にする。主義より、生活感ある言葉を生かす。
 「案外、それがちゃんと、大切なことが『伝わる』秘訣かもしれません」


なんとなく伝わる…かぁ。。。。

言葉にしない方が、ちゃんと「伝わる」ってことあるよなぁ
言葉にならないもの
言葉を超えたもの

人との関係も、そういう部分が大事なのかもしれないなぁ

この記事のURL | 言葉の贈り物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ついにストウブを購入
2016/05/09(Mon)
CIMG3252.jpg
ストウブ ピコ・ココット ラウンド 22cm (税込 20,412 円 送料無料)
生涯保証つきの国内正規ルートで購入

ひとつは持ちたいと思っていた、無水料理もできる鋳物ホーロー鍋
いろんなブランドがある中で、どれにしようかとネットでいろいろ調べて
ちょうど期間限定セールをしていた時に買いました

ストウブにした決め手は、燻製もできるところ!

ストウブ専用のレシピ本も、勢いで買ってしまったww
(家計簿モニターで集めた図書券で・笑)



この本に載ってたレシピで作ってみた

ゆずこしょう風味の鶏手羽先の燻製

CIMG3250.jpg
CIMG3253.jpg

鍋のそこにアルミホイルを敷き、その上に茶葉&きび砂糖を敷き詰め
その上にクッキングシートを敷いて材料を並べるだけ

この本のレシピは、緑茶を使った燻製でしたが
桜チップを使って、いろいろ試してみました
ししゃも、茹で卵にチーズの燻製

蓋をしたら、全く煙は出ません
まぁ、「香り」はもちろん部屋に充満しますけどもww

燻製は、作るのが楽しいだけで
私は味見程度しか食べないので
ほとんどは夫が酒のつまみにして完食

ほんの少しの水しか使わない「ごろごろ肉じゃが」は
ほとんど私が食べましたけどw

塩豚の蒸し焼きも、美味かった( ̄¬ ̄)

昨晩は、牛すじ大根を作りましたが
圧力なべで作ったみたいに、牛すじがトロットロに。。。

うん、買って良かった


この記事のURL | 手作り・手料理 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |