スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
お灸仲間♪
2012/12/30(Sun)
鍼灸院に通い始めて1ヶ月

最初の1週間は休診の日以外は毎日通院したおかげで
ヘルニアの痛み(私の場合は右下肢の神経痛)は
劇的に軽減した

その後は週2回の通院と
自宅でほぼ毎日せんねん灸をしているんだけど
鈍い痛みがまだ残っている

先日、リハビリのつもりで2kmほど歩いてみた
いつも移動は徒歩が多いので、私の歩く速さはけっこう速い
しかも歩幅も大きめ
いつもの感覚で歩いてみたのが良くなかったのか
その後、軽減していた痛みが少し復活してしまった

ゆっくり歩こうと思っていたのに
ついつい、元気だった頃の感覚で歩いてしまった
思ったように動かない自分のからだがもどかしい

まぁでも、家でじっとしているのも良くないし
日常の生活の中で、どこまでなら大丈夫か試しながら
治していくしかない

ところで…
私が鍼灸院に通って治療をしているのを見聞きした友人が
自分も行きたいと言って、行くようになった
なんと3人も

1人は同じアパートの住人のSさん
Sさんとは、たまに私の家でお灸のしあいこをしているw
背中やお尻は自分でできないからね(* ̄m ̄)

CIMG1948.jpg
CIMG1949.jpg

右側のもぐさだけのやつは、鍼灸院でプレゼントしてもらった本式のもの
左側のはドラッグストアでも売っているもの

本式のお灸は、やり方が少し難しいので
台座がついているせんねん灸でやっているけど
鍼灸院で鍼のあとにしてもらうお灸は
本式のお灸=台座がなく直接もぐさを肌に置くお灸

やっぱり、直接の方がよく効くのよね~(熱いけど)

お灸仲間が増えて嬉しい

夫も仲間になってくれたらサイコーなんじゃけど~
お灸のイメージが良くないのか
熱いのがコワイらしく
私にお灸をするのも、しぶしぶなのがちょっとな~( ̄‥ ̄)=3
してあげようか?と言っても、かたくなに拒むのだったww

鍼灸院には、赤ちゃんからお年寄りまで老若男女がたくさん来られているので
夫も一度、体験してみたらええのにな~

それでは、良いお年を~

スポンサーサイト
この記事のURL | 健康・からだ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
凛々子ついに伐採
2012/12/24(Mon)
6月に凛々子という名のトマトを栽培し始めて半年

今月12月の始め、寒波が来た12月8日
たくさんの実をつけたままだった凛々子(&レッドオーレ)
ついに伐採した

写真だけ撮って、なかなか記事にできなかったけど
今日やっとその気になったので
年賀状を作る合間に記事しますww

寒波が来る前は、時間がかかっても赤くなっていた凛々子だけど
寒さで葉っぱが全部萎れ、実の方も凍り付いてしまった

寒波が来るまでに赤くなっていた実は3個

12月8日

そして、伐採した日(12月8日)に赤くなっていたのは1個

これでトータル80個
目標の80個に到達~

こんなふうに萎れていました

CIMG1937.jpg

ほら、一個だけ赤くなってる

CIMG1938.jpg

もう少しで赤くなりそうだったのに

CIMG1939.jpg
CIMG1936.jpg
CIMG1940.jpg

こちらはレッドオーレ

CIMG1943.jpg

レッドオーレは、こーんなに高いところに実を付けていたww

CIMG1944.jpg

凛々子(上)とレッドーレ(下)

CIMG1946.jpg
CIMG1947.jpg

たくさんの実をつけてくれて
半年も楽しませてくれて
ありがとう

今日はトマトを伐採した日よりも、一段と猛烈な寒波が来た
クリスマス寒波

土だけになったプランターには霜柱が立っていた

パソコンで年賀状作りをする手も、すぐ冷たくなる~~

メリーホワイトクリスマス

この記事のURL | トマト栽培記録 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
鍼灸で治療中
2012/12/10(Mon)
長引く咳と腰痛の正体は
副鼻腔炎と腰椎椎間板ヘルニアだと診断されたものの
その記事はこちら咳と腰痛の正体

その後、耳鼻科で処方された薬を飲み続けても
咳はすっきりせず、症状は一進一退

腰椎椎間板ヘルニアの治療も
整形外科では痛み止めと湿布薬の処方だけ
それでも治らなければ牽引するか、腰椎に直接ブロック注射か
最後の手段は手術らしい

ひとまず、地域で評判の接骨院で
治癒が促進されるという特殊治療を受けていたが
施術中は気持ち良いものの
痛みは治まるどころか、むしろひどくなる日も

見かねた友達が
自分も通っている鍼灸院に連れて行ってくれた

初診で、内臓の状態を調べるコンピューター診断を受けると
弱っているところと痛みが出ている箇所(ツボ)が一致していた
(いわゆる…気の流れ…経絡の流れを見たのかな?)

私の主訴は右下肢の神経痛だけど
ここ一年で、他にも様々な不調が出ていた

・1年前に良性発作性頭位めまい症を罹った
・4ヶ月前から咳が続き、副鼻腔炎と診断され、薬を飲み続けているが治らない
・1年前から健康診断で血圧が高いと言われている
・子宮がん検診で、子宮が標準より大きく、筋腫もあると言われた
・閉経前で、生理が不順になっている

などなど…etc

西洋医学では、これらの症状は別々の病気としてとらえ
それぞれに症状を抑える薬を出されるけど

東洋医学では、すべてはバランスの崩れから起きている不調で
どの症状も関連があり、部分だけ治すのではなく
バランスが取れた体になり、生命力があがるように治療するらしい

まずは、副鼻腔炎の薬の服用はやめるように言われ
しばらくは続けて来院して、家でもお灸をするように勧められ
せんねん灸をプレゼントされたw

ヘルニアの痛みの箇所は大腸のツボと一致していて
なおかつ、大腸と肺は陰と陽の関係にあり
咳が出続けていることも、ヘルニアの痛みもつながっているらしい
もともと私のウィークポイントは腸なので、なんだか納得

この鍼とお灸の治療
鍼は痛くないけど、お灸は熱い&痛い
でも、一瞬の痛みをがまんした後の、からだの芯から暖かくなる感覚は
もう気持ち良すぎてハマってしまった( ̄▽ ̄)。o 0 ○

最初の治療の夜、お風呂に入ろうとして…
んん?アレ?昨日までこの姿勢は痛かったのに
痛みがやわらいでいる

最初の1週間は毎日、3人の友達が交代で
私を鍼灸院に連れて行ってくれた
感謝感激雨アラレもつべきものは友達

鍼灸院に毎日通い続けて、1週間
痛みは徐々にやわらいでいる
でも、1回4千円の治療費はかなりの出費
背に腹は代えられないとは言うものの
休み休みでも継続して治療に通う方が吉とみて
週2回通院して、行かない日は自宅でお灸をして様子を見ることに

さてさて…一切の痛みが消え、咳も治まる日が来るのだろうか~?
乞うご期待?!(違w)

そもそもヘルニアの診断が正確なのかどうか
整形外科のセカンドオピニオンを受けた方がええかもよ~
というアドバイスをくれた友達もいるので
そのことも頭のすみっこに置いておこう

しかし…我が家は今、部屋も服も、モグサのニオイが取れん。。。( ̄‥ ̄)
もちろん、体中はお灸の痕だらけ~w

この記事のURL | 健康・からだ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。