2017/03 ≪  2017/04 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017/05
2016近畿四国ぐるり旅(その6)
2016/10/30(Sun)
旅行中ずっと晴天続きだったのですが、最終日は朝の天気予報でも雨マーク

最初にも書きましたが
こちらで就職している息子の顔を見に寄ろうという計画でした
でも、息子は仕事で不在とわかり
どうせお天気悪いし、松山城の観光のみにして早めに帰ることにしました
(ところが、まぁまぁのお天気でむしろ暑いくらいだった^^;)

一年前に、息子の引っ越しの手伝いで来た時
親子で松山城にのぼるつもりが
時間が遅すぎて、ロープウェイの運行が終了してしまい
天守に行けなかったため、今回はリベンジ?でしたw

松山城石垣リサイズ
松山城石垣2リサイズ

天守が見えてきました

石垣と松山城リサイズ

奥に見える戸無し門をくぐり、本丸へ

松山城戸無し門リサイズ

本丸へ向かう筒井門

松山城太鼓門リサイズ

松山城天守

松山城天守リサイズ

お城の中に入る前に休憩して、いよかんアイス¥400

いよかんアイスリサイズ

姫路城より小さいけど、黒く焼いた板張りが美しい松山城

松山城天守2リサイズ
松山城天守3リサイズ
松山城天守4リサイズ
松山城天守5リサイズ

鉄筋門から中へ

松山城玄関リサイズ

天守からの眺め
大音量で音楽が流れていて、何か行事が行われてました

松山城天守からリサイズ

息子のマンションが見えんかなぁ?と撮ってみたw
息子の部屋から、天守の屋根の先っちょが見えていたから
ひょっとしたら見えるんじゃないかと思って探してみたけど
よくわからず…

松山城天守から2リサイズ
松山城天守6リサイズ

紫竹門

松山城紫竹門リサイズ

十間廊下

松山城十間廊下リサイズ

隠れ門

松山城隠れ門リサイズ


このあと、ちょっとブラブラしてから駐車場へ戻ると
車に乗ったとたんに、雨がぱらっと降ってきました
でも、今回の旅行は、ほぼ晴天で快適でした

今年の旅も、去年同様、お城とクルージングがメインとなりました
別にそうしようと思ってたわけじゃないんだけどw

さて、来年はどこにしようかな~


この記事のURL | 旅行・温泉 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
2016近畿四国ぐるり旅(その5)
2016/10/29(Sat)
道後温泉の宿へ行く前に、寄り道したのは
別子銅山跡のマイントピア別子

今流行の?!産業遺産ですw
鉱山鉄道に乗ったり、採鉱体験をする時間はなかったので
索道停車場跡のある東平へ行くことにしました

これがまぁ、狭くて離合が困難な山道でして…
ガイドマップを見ると…
定期観光のマイクロバスを利用する方が安全そうでしたが
夫は山道の運転には慣れているので
躊躇なく、自力でGO

すると途中、ガイドのバスを誘導する車が下って来て
「今からバスと乗用車が数台来るから、ここで待機して」
とアドバイスを受けました

ところどころ、離合できる場所を明記する看板が立っていて
ゆく道の狭さが想像できたのでした

無事に到着~

索道停車場跡全貌

別子銅山1リサイズ
別子銅山2リサイズ
別子銅山3リサイズ
別子銅山4リサイズ
別子銅山5リサイズ
別子銅山6リサイズ
別子銅山7リサイズ
別子銅山8リサイズ
別子銅山9リサイズ
別子銅山10リサイズ

東洋のマチュピチュという触れ込みだったけど
ちょっと期待はずれかなぁ

観光バスを利用していた集団のお客がいたので
帰りは、そのバスが出発するときに我らも後ろをついて降りよう!
ということに…w
そうすれば離合は必ず、対向車が待機しているだろうと…

楽チンして山道を下ったあとは、三日目の宿、道後温泉へ
(メルパルク松山泊)

夕方、宿で早めの食事をしたあと
道後温泉本館まで散歩に行きました
宿の浴衣を着て、草履をはいて、お湯かごを借りて

ハイカラ通りを通って、本館について気が付いた…
カメラを持ってきていない。。。

なので、ここは写真をお借りして…
夜の道後温泉本館は、風情がありましたねー

dougo_honkan024.jpg

すでに宿の温泉にも入っていたので
ここでは、神の湯にのみ入りました(つまり一番安いコース)

img_guide02.jpg

何とも古めかしく味わいのあるお風呂
老若男女、観光客から地元の人までいて賑やか
ただまぁ…のんびりつかる…って感じにはならないけど

お宿では夕方と寝る前と、早朝にもつかって
十分に堪能いたしました

さて最終日の4日目は、松山城へ…

つづく

この記事のURL | 旅行・温泉 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
2016近畿四国ぐるり旅(その4)
2016/10/28(Fri)
3日目は、大鳴門大橋を渡って四国上陸

鳴門と言えば、鳴門の渦!
まずは、大鳴門橋遊歩道の渦の道へ

橋の下の歩道を渡って、ガラス越しに渦を見学

鳴門渦の道リサイズ

こんな感じで、ところどころの床がガラスになっていて
海を覗けるようになっています

鳴門渦の道2リサイズ
鳴門渦の道4リサイズ
鳴門渦の道6リサイズ

写真だと小さいけど、中央に観潮船がいます
渦のそばまで行って渦潮を見ているんですね

鳴門の渦と船1リサイズ

ズームしてみると…

鳴門の渦と船2リサイズ
鳴門の渦と船3リサイズ

こちらは帆船の観潮船

鳴門渦の道と帆船リサイズ

大鳴門大橋の上から見ると、橋の中央右側の船がいるあたりが渦がある場所

大鳴門大橋2リサイズ

この日は大潮だったので、絶好の渦潮観光日和
私たちが乗ったのは、小型のうずしお観潮船
ちなみに、渦の道と観潮船のセット券がお得

うずしお観潮船リサイズ
うずしお観潮船2リサイズ

いざ、乗船~

観潮船の渦リサイズ

干潮だったので、岩の段差が見れました

観潮船の渦2リサイズ

あちこちで渦ができています

観潮船の渦3リサイズ
観潮船の渦4リサイズ
観潮船の渦5リサイズ

渦というのは、ずっとあるものじゃなくて
できてはなくなり、なくなってはまた渦ができる
その繰り返しなんだそうです

観潮船の渦6リサイズ
観潮船の渦8リサイズ

大きな帆船には、たくさんの人が乗ってました

観潮船から帆船リサイズ

渦潮観光のあとは、愛媛へGO!

つづく

この記事のURL | 旅行・温泉 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
2016近畿四国ぐるり旅(その3)
2016/10/27(Thu)
淡路島初上陸

お花の公園は、ここ以外でもたくさんあったのですが
ここは、無料でのんびりできるし
この日のお宿に行く途中に寄るには、ちょうど良かったので
あわじ花さじきへ

見晴らし抜群!
でも、季節の花の入れ替えで花がない畑ばかりのところも…

花さじき眺めリサイズ

花の群生は、見ごたえありました

花さじきブルーサルビアリサイズ
花さじきバーベナ?リサイズ
花さじきストックアップリサイズ
花さじきストックアップ2リサイズ

秋と言えば、コスモス
今年は10月になっても夏のような暑さだったせいか
まだまだ満開にはなっていなかったのが残念!

花さじきコスモス畑リサイズ
花さじきコスモス畑2リサイズ

この花は何だろう?…と思って、パンフレットを見ると
これは、蕎麦の花だった!

花さじき蕎麦畑リサイズ
花さじき蕎麦畑2リサイズ

一面のサルビア

花さじきサルビア畑リサイズ

音楽をかけて踊っている人がいましたww
サーカス?のリハーサルだったのかな?

花さじきダンスリハ中?リサイズ

もう一つの寄り道
伊弉諾神宮へ

『古事記』・『日本書紀』の冒頭「国生み神話」に登場する、伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)の二柱をお祀りする神社

伊弉諾神宮参道リサイズ
伊弉諾神宮リサイズ
伊弉諾神宮2リサイズ
伊弉諾神宮3リサイズ

イザナギ・イザナミの二神が宿る御神木
夫婦円満、安産子授、縁結びなどの御利益があるそうです
樹齢約900年の夫婦大楠

夫婦大楠看板リサイズ
夫婦大楠3リサイズ
夫婦大楠リサイズ
夫婦大楠2年賀リサイズ

以前に旅行した大三島の大山祇神社ご神木も立派でした
その時の記事はこちら「村上海賊の娘」の舞台を辿る旅その1

そして、二日目の宿へ…(かんぽの宿淡路島泊)
宿の部屋から眺めた夕焼け

淡路夕焼けリサイズ
淡路夕焼け2リサイズ
淡路夕焼け3リサイズ
淡路夕焼け4リサイズ

翌日の旅行3日目は、四国上陸~!

つづく

この記事のURL | 旅行・温泉 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
2016近畿四国ぐるり旅(その2)
2016/10/25(Tue)
姫路城をあとにして、少し戻って赤穂へ

赤穂といえば…大石神社ですねw
なので、宿に行く前に寄り道しました

赤穂浪士の像が立ち並ぶ参道前の駐車場に
スポーツカーみたいな車が…思わず夫がパチリw

リサイズ赤穂大石神社スポーツカー

夕方ということもあってか、ほとんど人はいませんでした

赤穂大石神社リサイズ
赤穂大石神社2リサイズ
大石内蔵助像リサイズ
大石主悦像リサイズ

実は私、大石内蔵助とか赤穂浪士とか名前だけは知っていますが
その歴史の詳細は、よく知らず。。。( ̄д ̄;)

夫に説明してもらったんですが
右の耳から左の耳へ~~(笑)
忠臣蔵って、毎年年末にドラマ化されてますよね…
でも、ちゃんと見たことないなぁ
今年、もしやってたら見てみようかな

夕食の写真
途中まで撮っていたんですが、だんだん忘れてしまい。。。ww
最近、食事の写真を撮るのが面倒で忘れるんですな
このたびの旅行中の食事写真は撮らないことに決めました(^^;)

リッチな宿に泊まったときは撮ろうww
今までで一番リッチなお宿は、2011年北海道旅行の
望楼NOGUCHI登別ですが
ここの夕食は、今もダントツ1位です
その時の記事はこちら

宿は、東に向いていたので
写真は、部屋のベランダから見えた朝焼けの様子

赤穂の夜明け前リサイズ
赤穂の朝焼けリサイズ

3食付きの特典プランで宿泊なので(かんぽの宿赤穂泊)
昼食まで、ゴロゴロして過ごし
午後から、淡路島へ

初めて明石海峡大橋を渡りました

明石海峡大橋リサイズ

あわじ花さじきへ。。。。

つづく

この記事のURL | 旅行・温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ